記事一覧

「グッチ」がカスタマイズサービス拡大 ニットやレザージャケットも

「グッチ(GUCCI)」が5月にスタートしたカスタマイズサービス・プログラム“Do It Yourself”で、カスタマイズできる商品を拡大する。これまでは、“オフィディア トートバッグ(Ophidia Tote Bag)”と“エース スニーカー(Ace Sneaker)”の2つの商品が対象だったが、ウィメンズとメンズのニットや、ウィメンズのレザージャケットやテーラードジャケットもカスタマイズ可能になる。カスタマイズは「グッチ」の公式ECサイトと一部店舗で受け付ける。

 ニットは、ウールのクルーネックニット、ショールカラーのニット、ボタン付きのカーディガンの3型から選べ、さらにベースとなるカラーをグリーン、ブルー、レッド、ホワイトの4色から1色と、好きなアルファベット1文字を選べる。アルファベットは、クルーネックニットの場合はフロントに、ショールカラーのニットとカーディガンはバックにそれぞれインターシャで編み込まれる。それぞれのアイテムにはスペシャルラベルが付けられ、“ABCDEFGUCCI”という文字とGGロゴでデコレートされたパッケージに入れられる。

 「グッチ」はこのプログラム拡大にあたり、アンバー・ヴィットリア(Amber Vittoria)、アンジェラ・ディーン(Angela Deane)、アシュリー・ロングショア(Ashley Longshore)、ブリアンダ・スチュアート(Brianda Stuart)、イザベラ・コティエ(Isabella Cotier)、マーク・ブルクハルト(Marc Burkhardt)の6人のアーティストとコラボした。アーティストたちがそれぞれの感性で表現したカスタマイズニットのイラストは、「グッチ」のSNSやウェブサイトで展開される。

 ニットの他、レザージャケットやテーラードアイテムもカスタマイズが可能になる。メタルのスタッズ、ラインストーン、ハンドペイントの花が描かれたバイカースタイルとボマースタイルのレザージャケットの中から選べ、アルファベットもバイカースタイルの場合は左腕に、ボマースタイルの場合は胸部分に、レッドまたはゴールドの糸で施される。テーラードピースはウールのモヘアジャケットとフレアパンツの組み合わせと、ツイードジャケットとスカートの組み合わせの2つの組み合わせから選べる。モヘアジャケットの場合は胸ポケットの部分にアルファベットが施され、ツイードジャケットは胸ポケット部分に2つのアルファベットのパッチが施される。 

フライトジャケットの着こなしについてもご

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

フライトジャケットは元々海軍や空軍などが着用するものでしたが、今やカジュアルファッションの定番として知られているアイテムです。

同ジャンルにおいては「MA-1」が特に有名ですが、ほかにもさまざまな種類があり、それぞれ違いをおさえておくとコーディネートの幅が広がります。そこで今回は、フライトジャケットのおすすめモデルと着こなしをご紹介。興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

MA-1とは、1940年代頃に開発されたアメリカ空軍用のアウターのことを指します。リバーシブル仕様のモデルが多く、裏地はレスキューカラーであるオレンジが基本です。素材にはナイロンを用いており、狭いコックピットでも動きやすいようシンプルなデザインに仕上がっています。

G-1は、1930年代頃にアメリカ海軍が使っていたジャケットです。襟にボアが付いているのが特徴で、立てて着用することで風を防ぐことが可能。また、腕を動かしやすくするため、ショルダー部分にアクションプリーツがつけられています。

フライトジャケットとして初めて布を採用して作られた「B-10」ジャケットの後継モデル。素材はナイロンを用いており、真ん中より少しずれた位置に配置されているのが特徴です。また、左腕にはペンシルポケットとシガレットケースが付いています。
アメリカ軍で正式採用されているフライトジャケット。MA-1で採用しているナイロン素材は燃えやすいというデメリットがありますが、CWU-45/Pは耐熱性にも優れている「耐熱アラミド繊維」を採用しているのが特徴です。
L-2は低空飛行用に開発されたフライトジャケットのことです。襟と袖がリブ編みのMA-1と同じようなデザインですが、薄手の仕様が多く、肩に「エポレット」と呼ばれる装飾が付いており、裾部分にはボタンが付いた三角形のフラップが付いている点が違いとして挙げられます。
フライトジャケットを選ぶ際は少しルーズなモノを選んでゆったり着ると、トレンド感を出せます。

キレイめなコーデに合わせたいという場合は、スリムなモノを選ぶと野暮ったさが感じられなくなるのでおすすめです。

裏地にレスキューカラーであるオレンジを用いたリバーシブル仕様となっています。日本人の体形にフィットする様に作られているので、ダボつきすぎない丁度良いサイズ感で着用できるのが魅力です。

中綿入りで保温効果にも優れているため、寒い時期に着用するのにもぴったり。ファスナー部分も隙間から冷気が入るのを防げる工夫がされているのもうれしいポイントです。

代々受け継がれているMA-1の要素を残しつつ、裏地に派手なブルーカラーを用いたり、シガーポケットにベルクロ素材を採用するなどして現代的な要素を盛り込んでいます。

襟から袖の下にかけて切り替えを入れる「ラグランスリーブ」仕様にすることで、腕が動かしやすく快適な着心地を実現しているのも魅力です。

軍隊向けの本格的なMA-1ではなく、タウン用として使えるスタイリッシュな仕上がりとなっています。全体的にスリムな仕様で、カジュアルなコーデだけでなくキレイめスタイルにも合わせやすい汎用性の高さが魅力。

中綿には、発熱効果のほか静電気を軽減したり、抗菌、防臭機能も有する「DIAFIBERBALL SHEET」を採用しています。

本場US軍のGー1ジャケットの規格を忠実に再現したアウターで、裏地には第二次世界対戦時のアメリカ国旗がプリントされています。表地の素材にはしなやかな質感のナッパレザーを採用、リブ編みの袖、裾で保温性を高めているのが特徴です。

昔ながらの仕様なので、胸部と腰部にかけて余裕があり楽に着こなせるのも魅力のひとつ。スリムなデニムパンツと合わせてワイルドな雰囲気で着こなすのがおすすめです。

本製品は、アメリカ海軍服で用いられていた「ジャングルクロス」という布を採用。高密度で織り上げられており、軽量かつ革にも劣らない耐久性と耐風性を有しているのが特長です。

背面には腕が動かしやすいよう「アクションプリーツ」と呼ばれる折り目がつけられています。また、プリーツ内にはゴムを搭載し、形が崩れないようにしています。

オールレザーの重厚感あるG-1ジャケットです。アンティーク加工が施されたファスナーがポイントで、裏地には特殊キルティング素材を採用。

襟元には肌触りの良いボア素材をあしらい、袖と裾のリブニット素材で冷気の侵入を防いでくれます。男らしさと高級感を持ち合わせたデザインに仕上がっているので、ワンランク上の大人カジュアルスタイルにぜひ取り入れてみてください。

オーソドックスなB-15ジャケットのデザインをベースに、随所に配置されたレザーパッチがアクセントになっています。丈を少々長めにした作りとなっているため、ダボっとしすぎないスタイリッシュなシルエットを実現しているのも魅力。

ムートンボア付きの襟を立て、首元のストラップを閉めて着用することで防寒対策もできます。ジーンズやチノパンなどカジュアルなボトムと合わせるのがおすすめです。

分厚くて強度の高い「ヘビーナイロンツイル」生地を採用したジャケットで、本格的なミリタリーの雰囲気を楽しめる1着です。裏地は、裾が通しやすい生地を採用しているため快適に着用できます。ファスナーの裏側には冷気の侵入を防ぐ「比翼」と呼ばれる布をあしらっており、保温性も良好です。

野暮ったくなりにくいショート丈でおしゃれに着こなせます。デニムパンツなどと合わせるアメカジスタイルにぜひ取り入れてみてください。

両胸に偵察航空団章である刺繍ワッペンを貼り付けているのが特徴のジャケット。生地には、高級感のあるソフトな肌触りの「ヘビーナイロンツイル生地」を採用しており、ワンランク上のコーデを楽しめます。

ウール58%、コットン42%の中綿が入っているので保温性にも優れているのが魅力。フロント部分にあるジッパーには、手袋をしている際にも開閉しやすいようコットンテープタブを付けてしているのもうれしいポイントです。
本製品は、表地にナイロン100%素材、裏地にポリエステル100%素材を採用し、内部に中綿を入れているので保温性に優れたジャケットに仕上がっています。

背面には肩周りが動かしやすいよう「アクションプリーツ」と呼ばれるヒダが入れてあり、快適な着心地です。秋から冬にかけての寒い時期にぴったりのジャケットを探している方はチェックしてみてください。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ