記事一覧

モノトーンの大胆なストライプ柄ブルゾンを使ってモードな雰囲気を漂わせたアレックス・バディア氏のコーデ

アップロードファイル 14-1.jpg

るアレックス・バディア氏は、大胆なストライプ柄のボンバージャケットとフレアパンツでモノトーンコーデを表現。ジャケットのフロントジップを裾近くまで開けインナー使いしたニットの編地を覗かせながら、白と黒の配色を巧みにコントロールしている。インナー使いしたアイテムの見せ方やアウターの袖の折り返しまで、計算しつくしたモノトーンの配色はさすがの一言。

モノトーンコーデを柄×柄のアイテム使いとサスペンダーで個性的に演出
両胸元にシンメトリーなライオンモチーフをあしらった黒ポロシャツに2プリーツの白パンツ、レザーサンダルを合わせたモノトーンコーデ。首元にはポロシャツの柄と連動させるように柄スカーフをあしらい、ウエストにはルーズに垂らしたサスペンダーでゆるシルエットのボトムスにアクセントをきかせている。無彩色コーデながら単調さを感じさせない小物使いに脱帽だ。

ベルウィッチのパンツ詳細・購入はこちら
注目の黒スーツでモノトーンコーデを作る!白Tシャツ&白スニーカーを合わせてこなれた着こなしに
ブラックスーツに白Tシャツと白スニーカーを合わせたコーディネートは、すっかり定番となっているモノトーンのこなれた着こなし。こちらの御仁は、クールな黒とクリーンな白のメリハリを効かせ、重た過ぎず軽過ぎない好バランスの色使いで大人の余裕を醸している。白Tシャツのネックラインにチョイ掛けしたアイウェアは、クリアレンズとフレームの色味をTシャツに馴染ませることで、着用したサングラスとのしつこさを感じさせずこれ見よがしな雰囲気もない。

トップスの裾のあしらい方でモノトーンコーデにこなれ感を演出
トップスの裾のあしらい方次第で、シンプルなモノトーンコーデはグッとこなれた印象に仕上げる。トップスのシルエットや丈感、ボトムスのウエスト周りのデザインやベルトのデザインを考慮してタックインする・しないを見極め、タックインするのであれば全入れしてすっきり見せるか、フロントだけインしてシルエットにメリハリをつけるのか、サイド片側だけインしてドレープを作るのか、着こなしのイメージによりアレンジを実践。シンプルなコーデであればあるほど、トップスの裾のあしらい方によるこなれのききめは絶大だ。

ピーティーゼロウーノのパンツ詳細・購入はこちら
白の短丈プリーツパンツとグルカサンダルでリゾート感のあるモノトーンコーデに
こちらの御仁は、クルーネックの黒Tシャツに白の短丈プリーツパンツ、黒のグルカサンダルを合わせてアーバンリゾートなモノトーンコーデを表現。たるみを持たせてタックインした黒Tシャツと前に垂らした黒ベルト、ゆったりシルエットの白パンツで今っぽさとこなれた雰囲気を演出している。大人の色気を醸すグルカサンダルの足元も◎。

ニュアンスカラーのアイテム使いでモノトーンコーデの表現力を高める
杢調薄グレーのダブルジャケットに黒Tシャツ、格子柄グレーのトラウザーズを合わせ、ニュアンスカラーのアイテム使いで表現力を高めたモノトーンコーデ。黒と白の割合次第で様々な表情を放つグレーを、トーン違いで複数取り入れれば、画一的に捉えられがちなモノトーンコーデの表現力は格段に増すこと間違いなし。織り柄や透かし柄など素材感のあるアイテムを投入すれば、奥行きのあるコーディネートも思いのままだ。

ポケット付きのアイテムで武骨さをプラスしたオールホワイトのモノトーンコーデ
ユーティリティーを重視したアウトドアスタイルのトレンドが勢いを増す中、今シーズンもフィールドジャケットやフィッシャーマンズベスト、カーゴパンツなど多めにポケットを装備したアイテムが注目を集めている。こちらの御仁は、フラップ付きの大きめ両胸ポケットがインパクトのある白シャツとモダンなマルチポケットの白パンツをコーディネート。ボタンをきっちり上まで留めつつ、裾をハーフタックインした白シャツでキレイめとこなれ感を同時に着こなしで演出し、上下アイテムのポケットで武骨さをプラスしている。

モードとラグストをミックスしエッジを効かせたオールブラックのモノトーンコーデ
ニールバレットのアイコンであるサンダーボルトモチーフのグラフィックTシャツにダメージデニム、オフホワイト×ナイキ エア ヴェイパーマックスを合わせ、モードとラグジュアリーストリートをミックスしたオールブラックのモノトーンコーデ。エッジの効いた主張の強いアイテム同士がぶつからない様に色味を黒でまとめることで、グラフィック、ダメージ加工、フューチャリスティックなビジブルAIRユニットの存在感を際立たせている。タイトめに仕上げたシルエットは、次なるストリートのトレンドを早くもキャッチしているかのよう。

モノトーンでまとめたドレススタイルをサファリジャケットタイプのスーツでコーディネートしてこなれた印象に
サファリジャケットは、1920年代にウィンザー公をはじめとするヨーロッパの貴族階級の人々が、当時流行していたアフリカ大陸への狩猟旅行用にお抱えテーラーに仕立てさせたのがルーツと言われている。武骨な見た目からミリタリーウェアと誤解されがちなサファリジャケットは、本来最も優雅な貴族のスポーツウェアであり、ルーツで見れば全くの別物。そんなサファリジャケットを取り入れたこちらの御仁は、タイドアップしたプリーツディテールのドレスシャツとサスペンダーを着けたプリーツパンツを合わせ、ドレッシーなスーツ的解釈でモノトーンコーデを表現している。こなれた抜けで今っぽさをプラスした、パンツの裾のロールアップも絶妙だ。

モノトーンコーデにグラデーションデザインのスニーカーでアク足しする
ベーシックな白シャツとテーパードシルエットの黒パンツのモノトーンコーデに、白から黒へのグラデーションが斬新なスニーカーでアク足し。上下ではっきりコントラストを効かせた定番のスタイリングは、個性的なデザインのシューズを取り入れての差別化が洒落者の常套テクニックだ。モノトーンだけど主張が強いこんなスニーカーをチョイスすれば、シンプルなモノトーンコーデの印象は一気にリフレッシュされること間違いなし!

モノトーンのクールビズスタイルはグレースーツと白シャツでコーディネート
グレースーツと白シャツを合わせれば、最速でモノトーンのクールビズスタイルが完成。ノーネクタイが許されるクールビズ期間なら、こんなお手軽で洗練された雰囲気のビジネススタイルも有力な選択肢のひとつだ。

「ディオール」メゾンコード研究

アップロードファイル 13-1.jpgアップロードファイル 13-2.jpg

歴史あるブランドはアイコンと呼ばれるアイテムや意匠を持ち、引き継ぐ者はそれを時代に合わせて再解釈・デザインする。アイコン誕生の背景をひも解けば、才能ある作り手たちの頭の中をのぞき、歴史を知ることができるもの。この連載では1947年創業の「ディオール(DIOR)」が持つ数々のアイコンを一つずつ取り上げる。奥が深いファッションの旅へようこそ!

連載第1回を飾るのは“レディ ディオール(LADY DIOR)”「ディオール」の数あるアイコンの中でも代表的な存在だ。構築的なフォームに曲線のハンドル、「D」「I」「O」「R」の4文字の華やかなチャームが特徴のハンドバッグは、その存在が知られるきっかけとなったストーリーも華麗だ。

“レディ ディオール”が発表されたのは1995年9月のこと。当時パリではLVMHグループの後援によるセザンヌ展が開かれていた。そこを訪れた故ダイアナ妃にシラク元フランス大統領夫人が“レディ ディオール”をプレゼントしたところ気に入り、すぐにさまざまなバリエーションを注文したという。実際、当時の報道写真を見ると、バーミンガム養護施設を訪問したときにも、アルゼンチンへの公式訪問の際にも、同妃が“レディ ディオール”を手にしていたことが分かる。世界中の女性の憧れの同妃が愛用したことで“レディ ディオール”もまた注目され大ブレイクした。英仏の友好を育んだ“レディ ディオール”。当時の「ディオール」のアーティスティック・ディレクターだったジョン・ガリアーノ(John Galliano)は、イギリス領ジブラルタルの出身である。もしかしたら同妃には、フランスで活躍する同郷デザイナーを応援する気持ちもあったのかもしれない。

実はこのバッグはもともと、“ カナージュ キュイール”と名付けられていたが、同妃への敬意を込めて96年に本人の認証を得て“レディ ディオール”と改名された。最初の名称にある“カナージュ(格子)”もまた、「ディオール」にとって大切なアイコンだ。“カナージュ”は職人の手によりバッグに施されるステッチの柄を指し、由来は47年に開かれた「ディオール」初コレクションで使用した籐椅子にある。ムッシュ・ディオールは、大切な顧客を迎えるために華やかで繊細なナポレオン3世様式の椅子を用意した。籐の網目に着想を得た“カナージュ”はムッシュのエレガントなもてなしの精神の表れなのだ。

時を経て現在、アーティストが再解釈しデザインする“ディオール レディアート”というプロジェクトが行われている。世界の芸術家が“レディ ディオール”をベースに自由に表現するもので、サルバドール・ダリ(Salvador Dali)やパブロ・ピカソ(Pablo Picasso)とも親交があったムッシュとアートのつながりがここに息づいている。3回目は、マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)=アーティスティック・ディレクターの発案により、女性のみ11人で構成。昨年12月に「アート・バーゼル・マイアミ・ビーチ2018」で発表し、1月10日からハウスオブ ディオール ギンザの他、世界の主要店で販売される。11人の中には日本人の荒神明香も含まれる。自身の“レディ ディオール”について荒神は「身につける空間であり、歴史やさまざまなクリエイティビティーを含んだアートスペースのようでもある」と話している。

いつでもどこでもLOVEデニムコーデ

アップロードファイル 11-1.jpg

自分のアイデンティティをしっかり持った女の子を紹介する連載fashion journal batonがついに最終回! ラストを飾るのは、「私服コーデが可愛い」と評判のハーフモデルAmy(エイミー)。モデルのこと、性格のこと、いつものコーディネイトのこと。自分らしくいるためのヒントがいっぱい詰まってるよ!

まずは、モデルになったきっかけを教えて!
20歳くらいからフリーでモデルをやっていました。サロンモデルをはじめ、アーティストのMVやテレビCMであのムヒのCMにも出演したことも……! そんななか、NYLONの座談会に参加した時に、NYLONの人に声をかけられたんです。その後、本格的にモデルとして活動しています。

モデルのどんなところが楽しい?
A.4歳から今まで週2回バレエをやっていて、表現することはもともと好きです。あと私は話すことが苦手なので……、喋らないで表現できることが楽しい(笑)!

Amyの性格は?
「結果OKなら、全てOKでしょ!」という、終わり良ければ全て良しのスタンスです。あと、昔空手をやってたのですが、それはお兄ちゃんに負けたくないと思って始めました。意外と負けず嫌いかも!

どんなコーデをすることが多い?
デニムが好きです。どんなアイテムにも合うし、はいていてラクちんだから。週4~5回くらいははいているんじゃないかな。Gジャン、バギーパンツ、キャップなどボトムは6〜7本は持ってます。私にとって超身近な存在。仕事にも学校にも、Alwaysデニム!

手放せないデニムはある?
NYに旅行に行った時に買ったデニム。ショーツの裾がフリンジになったデザインで、可愛いのも理由だけど、旅行の思い出が詰まっているものだから一生捨てられません!

フィット感が抜群で脚をキレイに見せてくれるデニムは、最近のヒットアイテム。持っているクロップドTOPSともいいバランスで着られるウエストの位置も選んだ理由。

デニム¥9,900(Gap/ギャップフラッグシップ原宿) トップス、ソックス、シューズ 本人私物
amy profile
1993年1月11日生まれ。O型、東京都出身。イギリスと日本のハーフモデルで、NYLON JAPANをはじめ、他誌にも多数出演している他、GoogleやandroidなどのTVCMにも出演経験あり。

柴咲コウが本気でサステイナブルなアパレルブランド始動 “矛盾を諦めない”

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpgアップロードファイル 9-4.jpg

女優の柴咲コウが自身初のアパレルブランド「ミヴァコンス(MES VACANCES)」を始動し、その記者会見を11日に東京・渋谷で行った。同ブランドは“サステイナブルで優しい服”をコンセプトに“地球の循環、生態系に負荷をかけないモノ作り”を目指す。デザインについては“旅をするように暮らす、暮らすように旅をする”イメージを描き、日常着から旅の移動着、旅先のリゾート地で着る服を提案する。例えば、オーガニックコットン94%、ポリエステル6%の人工ファーを用いたコートや、再生セルロース繊維“テンセル”のワンピース、プレオーガニックコットン(オーガニックコットン認定前の無農薬で育てられたコットン)のユーティリティーバッグやウール100%の無縫製ニットドレスなど。人工ファーのほとんどはポリエステル100%だが、できる限りオーガニックコットンに置き換えることに挑戦した。無縫製ニットも1本の糸から編み上げるため、無駄が出ない。テンセルは、しわになりにくく落ち感のある扱いやすい素材であり、生分解性(土に還る)性質も持つ。価格帯はコートが6万円、ワンピースが3万5000円、シャツが2万7000円、ニットが2万5000円、カットソーが1万1000円、インナーウエアが1万1000円。19日からオンラインで販売をスタートする他、東京・神宮前のセレクトショップ、カーサフライン(CASA FLINE)で10月25日~11月4日にポップアップストアを開く。今後は卸しも行う意向だ。
ブランド運営は、柴咲が社長を務める2016年設立のレトロワグラースが行う。「生活の基本である『衣』『食』『住』をベースに心も身体も美しく暮らすための今、そして未来の幸せを増やすために何ができるかを考え発信する」ことを目指し、すでに化学調味料不使用のレトルト食品の販売をスタートしている。
会社を立ち上げた理由について柴咲は「消費者として矛盾を抱えながら生きていると感じている。あれが欲しい、これが食べたい、こんな家に住みたいなどと思いながらも、これを続けていくと地球はどうなるんだろう?という罪悪感のようなものを感じていた。一方で消費活動をマイナスに捉えると経済は滞る――そうした矛盾を一つ一つポジティブに転換できればと思い、モノ作りに携わりたいとプロジェクトをスタートした」と説明する。また、柴咲が19歳の時に乳がんで亡くなった母親についても触れた。「大きなきっかけだった。病気の家族を抱えると、何が悪かったのか、何が原因で病気になったのかと考える。衣食住を見直し、食が原因だったのではないかとも考えた」。
アパレルブランドに関しては「環境意識が高くファッション志向が強い働く女性に向けて提案した。さまざまな矛盾に対峙して解決していきたい。また、環境負荷ゼロを目指したモノ作りをしたい」と力強く語った。

「ボッテガ・ヴェネタ」日本初の限定コレクション職人来日のイベントも開催

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpgアップロードファイル 8-4.jpgアップロードファイル 8-5.jpg

「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」は創業50周年の節目である今秋、ブランド初のカプセル・コレクションを日本限定で発売する。同コレクションは、同じく今秋就任15周年を迎えるトーマス・マイヤー=クリエイティブ・ディレクターが特別にデザインし、キャンペーンビジュアルには彼のリクエストで萬波ユカを起用するなど、特別な思いが込められている。ウィメンズはブランドを象徴するモチーフで、幻想的な雰囲気を醸し出すバタフライ、メンズは機能美を兼ね備えたナチュラルなアースカラーが特徴だ。

 ウィメンズは、人気の“ベイビー オリンピア”や新作のポーチ、フラットシューズなど、ブランドの技を継承する熟練の職人たちが一つ一つ仕上げた12種類のデザインがバッグとシューズでそれぞれラインアップ。メンズはドキュメントケースやトートバッグ、財布など、マストアイテムとなる品ぞろえだ。これらもイタリア・ヴェネト地方のモンテベッロ・ヴィチェンティーノにあるアトリエの職人による匠の技により仕上げられている。

 同限定コレクションを記念し、期間限定イベント「IMAGINE BOTTEGA VENETA」(ウィメンズ)と「THE HANDS OF BOTTEGA VENETA」(メンズ)を伊勢丹新宿店や日本橋三越本店、阪急うめだ本店、ボッテガ・ヴェネタ銀座店で順次行う。伊勢丹新宿店と日本橋三越本店、ボッテガ・ヴェネタ銀座店では、イタリア・ヴィチェンツァから職人が特別来日し、三越伊勢丹限定の“ベイビー オリンピア”や “カバ”の製作工程やブランドのシグニチャーディテールであるイントレチャートのデモンストレーションを行う予定だ。

■IMAGINE BOTTEGA VENETA(Womens)
10/12(水)~18(火) 伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ、2階=婦人靴/プロモーション、4階=ボッテガ・ヴェネタ
10/19(水)~25(火) ボッテガ・ヴェネタ銀座店
10/26(水)~11/1(火) 日本橋三越本店本館1階中央ホール
11/30(水)~12/6(火) 阪急うめだ本店1階コトコトステージ11

■THE HANDS OF BOTTEGA VENETA(Mens)
11/9(水)~22(火) 伊勢丹新宿店メンズ館1階プロモーション

バーゼルワールド ーハリーウィンストン新作情報(メンズウォッチ)

アップロードファイル 6-1.jpg

まずは、毎年人気の限定モデル、プロジェクトZシリーズの最新作、プロジェクトZ12をご紹介します。
今年の新作プロジェクトZ12はハリーウィンストン得意のレトログラードを使っています。
文字盤の上半分にジャンピングアワー・レトログラードの時針を、下半分にレトログラードの分針をセットし、文字盤の周囲のカレンダーの数字の下を白いマーカーが移動するユニークな作りになっています。
OCEAHR42ZZ001
ケース径42mm
ザリウムケース
¥3,083,000+税
世界限定300本
こちらはプロジェクトZ11と同型のローズゴールドケースです。
中央
OCEABD42RR001
18Kローズゴールド
ケース径42mm
¥4,848,000+税

OCEABD42RR002
18Kローズゴールド
ベゼルにバゲットカットダイヤモンド
ケース径42mm
¥13,313,000+税

OCEABD42WW002
18Kホワイトゴールド
ベゼルにバゲットカットダイヤモンド
ケース径42mm
¥13,435,000+税
オーシャンバイレトロ・パーペチュアルカレンダー
左上
OCEAPC42WW001
18Kホワイトゴールド
パーペチュアルカレンダー
ムーンフェイズ
ケース径42mm
¥6,932,000+税
右上
OCEAPC42RR001
18Kローズゴールド
パーペチュアルカレンダー
ムーンフェイズ
ケース径42mm
¥6,803,000+税
左下
OCEAPC42WW002
18Kローズゴールド
パーペチュアルカレンダー
ムーンフェイズ
ベゼルにバゲットカットダイヤモンド
ケース径42mm
¥15,390,000+税

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ