記事一覧

ジョーダンブランドの最新アパレルコレクション

アップロードファイル 15-1.jpgアップロードファイル 15-2.jpg

ナイキより、ジョーダンブランドの最新アパレルコレクション「23 Engineered」が登場。ジョーダンブランドの歴史と最新のイノベーションが融合し、バスケットボールカルチャーを現代的に表現している。

これまでとは異なる色使いやグラフィックを採用したジョーダンブランドの新しいアパレルコレクション
「23」とは、言わずと知れたマイケル・ジョーダンの背番号。「23 Engineered」について、ジョーダンブランドのデザイン担当、VPのデヴィッド・クリーチは「フィット感や形、機能にこだわりながら、新しい表現をアパレルに取り込んでいきたいという思いが込められている」と語る。何よりも優先したのは機能性で、素材と構造はニーズに合わせて厳選。例えば、秋冬では軽さと温かさにフォーカスし、春には気温の変化に対応できる重ね着を、夏には通気性が重視されている。

「23 Engineered」の役割は、ジョーダンブランドのアパレルの先端的な存在となることであり、その目的に沿ったブランディングやカラー選びでプロダクトを製作。あえてこれまでのジョーダンブランドの伝統的な色使いやグラフィック使いとは異なるようにし、一目で注意を引くようなデザインとなっている。

新しいアパレルコレクションでは、クラシックなジョーダンのシルエットをモダンに表現した「リマスタード・スエード・ラックスコレクション」も展開。また、歴史に残るマイケル・ジョーダンの1991年のプレーオフでの活躍を祝福する「ライバルズ コレクション」では、ノスタルジックな要素と現代的な視点が融合されている。

ジョーダンブランドのアパレルコレクションは、7月より、NIKE.COM及び、一部のNIKE/JORDAN販売店にて随時発売予定だ。

X-girlとBABY-Gで楽しむ最強ウインタースタイル

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpgアップロードファイル 10-3.jpgアップロードファイル 10-4.jpg

どんなに寒くたって可愛くアクティヴに過ごしたい! おしゃれガールズのそんなわがまま願望も、ストリートファッションの2大ブランド、X-girlとBABY-Gにかかればお手のもの♡ ポップなカラーマジックで誰よりもキュートな女の子に変身しよう。

時計 BGD-500XG-4JR¥14,500(BABY-G /カシオ計算機)、ロンT¥8,000(X-girl×ERIC HAZE)、ストール¥8,000、バッグ¥10,000(共にX-girl /共にエックスガール ストア)

こなれたリラックスコーデ
ベーシックの王道のボーダーやチェック柄も、MIXさせて楽しんじゃうのが上級者。レオパードのウオッチで、手もとにインパクトをプラスして。
時計 BA-110LP-9AJF¥18,500(BABY-G/カシオ計算機)、チェック柄ブルゾン¥25,000、ボーダーカットソーワンピ¥9,000(共にX-girl /エックスガール ストア)

▶ボーイズライクなスケータースタイル
イエローのジャケットが目を引くスポーティなルック。キャップやウオッチなどの小物にダークカラーを選んで大人っぽくきめて。
時計 BGA-180-2BJF ¥15,500(BABY-G /カシオ計算機)、コーチジャケット¥20,000、パーカーワンピ¥14,000、デニムパンツ¥13,500、ニットキャップ¥3,800、スリッポン¥14,000(全てX-girl/エックスガール ストア)
◀ネオ90sなスクールガール
後ろ姿もキュートなスタジャンはロングタイプが旬。手もとにカラフルなBABY-Gを合わせたら、寒い冬だってアクティブに満喫できそう♡
時計BGD -500XG-4JR¥14,500(BABY-G /カシオ計算機)、スタジャン¥32,000、デニムスカート¥10,000、中に着たシャツ¥13,000(X-girl /全てエックスガール ストア)、アイウエアスタイリスト私物

360度カメラの注目すべき人気アイテム

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpgアップロードファイル 3-5.jpg

FacebookやYouTubeの投稿で見かける機会が増えた「360度カメラ」。その名の通り、周囲360度を撮影できるのが特徴で、最近は高画質化が進んでいます。とはいえ、各製品には価格差があり、実際どれほど違いがあるのかわからないものです。

そこで今回は360度カメラのおすすめモデルをピックアップ。選び方やメーカーについてもご紹介するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

360度カメラとは、眼前に広がる景色を全方向丸ごと記録できる特殊なカメラのこと。スマホのカメラやデジタルカメラでは景色のなかの限られた一部しか撮影できず、どんなに画角の大きなレンズを使用しても120度前後が限界です。

しかし、360度カメラはその3倍となる画角360度で撮影でき、周囲の様子も含めてすべて捉えることができます。360度パノラマ写真やVR動画など、肉眼を遥かに超えた広大な世界を記録に収められるのが特徴です。

360度カメラには画像の周囲を歪曲させることで肉眼を超える広い範囲を撮影できるレンズを採用されていますが、全天球カメラにはこのレンズが2基搭載されています。2基のレンズで撮影した映像の継ぎ目(スティッチ)を繋ぎ合わせることで、水平方向だけではなく垂直方向も360度の画角で撮影できるのが特徴です。

全天球カメラで撮影した写真や動画は上下左右全ての方向をカバーしているので、コンテンツの視聴者は撮影者が立っている景色や体験のすべてを臨場感たっぷりに追体験できるのが魅力。ただし、撮影者や三脚などのアクセサリーが写り込んでしまうので、それらを防ぎたい場合は撮影方法を工夫する必要があります。

半天球カメラでレンズがひとつ搭載されたタイプ。水平方向は360度撮影できますが、垂直方向は235度前後の範囲が記録されるのが特徴です。下方向は記録されないので、全天球カメラと違って撮影者の足や地面に置いた三脚が写り込むことはありません。

また、撮影に使用するレンズはひとつだけなので、スティッチを合成する必要がないのも特徴。自然な静止画や動画を楽しむことができます。

細部まで鮮明に描写された360度パノラマ写真を撮影したい場合はカメラの画素数に注目。数値が多くなるほどより高精細な写真を撮影できます。

一方、きめ細かく高画質なVR動画を撮影したい場合はカメラの解像度をチェック。記録動画の長辺が2000画素以上(2K/フルHD)、3000以上(3K)、4000以上(4K)、5200以上(5.2K)と長くなるにつれて動画の解像度は高くなります。高画質を求めるのであれば、4K以上の動画記録に対応した機種がおすすめです。

360度カメラでの記録方法には内蔵ストレージとmicroSDカードの2種類があります。内蔵ストレージを採用する機種は当然スペックに依存することになるので、データの管理が重要。場合によってはデータを削除する必要もあるので、注意が必要です。特に、高画質なVR動画の撮影を多くする場合はできるだけ大きなストレージ容量を持つ機種を選ぶようにしましょう。

一方、microSDカードに対応する機種では記録容量が一杯になってもカードを交換すれば、バッテリーが続くかぎり撮影が続けられます。ただし、機種によっては対応していないmicroSDカードの種類や容量もあるので、事前に対応するmicroSDカードを確認しておきましょう。

360度カメラで長時間の撮影をしたい場合は連続撮影時間をチェック。バッテリーやストレージの残量にまだ余裕があっても規定の時間が来る度に撮影を中断しなければいけません。記録が完了してから次の撮影が可能になるまでも時間がかかるので、360度カメラを本格的なVR動画の撮影やリアルタイム配信などに使いたい場合は注意が必要です。

また、360度カメラを水辺でも使いたい場合は防水性能をチェック。気になる方は性能を確認するのはもちろん、専用の防水ケースが用意されているかなどもチェックしておきましょう。

360度カメラは通常のデジタルカメラと違って液晶モニターが搭載されていないので、撮影した写真や動画はアプリ上で確認することになります。使い勝手はアプリのクオリティに左右されるので、事前にチェックしておくのがおすすめです。

また、録画開始・停止などを遠隔操作したり、撮影画像を編集したりする際にもアプリを活用するので、SNSへの投稿の仕様などは確認しておきましょう。

360度カメラのなかには、さまざまなアクセサリーを駆使することでアクションカメラのように多目的に使える機種もあります。自撮り棒にカメラを搭載して歩きながら動画撮影をしたり、防水ケースを使ってダイビング撮影をしたりする方は対応アクセサリーをしっかりとチェックしておきましょう。

「リコー」は360度カメラの市場を切り開いた草分け的なメーカー。2013年に世界初の全天球カメラとなる「THETA」を発売したのを皮切りに、360度カメラをさまざまな産業分野に普及しています。

同社の製品は初心者でも簡単に使えるシンプルな操作感が特徴。使用するボタンは電源とシャッターの2つが主なため、旅行中など思い立った時にカバンからサッと取り出して全天球撮影が楽しめます。

一方で機能性は高く、4K解像度での高画質撮影や360度の立体音響に対応しているのもポイントです。また、アプリが優秀なのも魅力。画像の確認や編集、SNS投稿もスムーズにできます。

「カシオ」はG-SHOCKシリーズをはじめとする時計や電子辞書などを取り扱う電機メーカー。かつてはコンパクトデジタルカメラ事業も展開していましたが、2018年5月に撤退を表明。とはいえ、デジタルカメラ事業は継続し、360度カメラもそこに含まれています。

同社はゴルフとの関わりが強く、遠隔操作でフォームを分析しながら撮影できる分離式の液晶ディスプレイを搭載した機種を発売。360度カメラにもその構造が採用されているのが特徴です。

「ゴープロ」は高性能なアクションカメラをリリースしているアメリカのメーカー。市場シェアも圧倒的で、業界を牽引している存在となっています。

360度カメラの分野に関しては2018年4月に「GoPro Fusion」を発売して本格的に参入。アクションカメラで培った技術とノウハウをいかしているのが特徴です。また、対応アクセサリーが充実しているのもポイント。さまざまな用途やアングルから360度カメラでの撮影を楽しめるのも魅力です。

写真関連の製品で高いシェアを占める「コダック」。世界で初めてデジタルカメラを開発したことでも知られているアメリカのメーカーです。

360度カメラに関しては、2014年に半天球カメラの「PIXPRO SP360」を発売。その後、4K解像度に対応した機種や全天球撮影に対応した機種をリリースし、ラインナップを拡大しています。スマホアプリの操作性が今ひとつなのが懸念点ではありますが、スポーツ撮影で高画質な360度撮影を楽しみたい方におすすめです。

「インスタ360」は中国の深圳に拠点を置くベンチャー企業の「Shenzhen Arashi Vision」が開発した360度カメラのブランド。2014年創業と社歴は浅いものの、約3年で急成長を遂げた企業として世界的に広く知られています。

同ブランドの製品は高度かつ独特な手法を採用しており、初心者でも気軽に撮影を楽しめるのが魅力。撮影者の周囲を回転するような視点で撮影できるバレットタイム撮影なども特徴です。なお、360度カメラに関してはプロ向けとなる8K解像度の製品も開発。新進気鋭のブランドとしてぜひ注目しておきましょう。

「THETA」シリーズのエントリーモデルとなる360度カメラ。上位機種と比較すると機能はかなりシンプルですが、価格は約2万円と気軽に購入できるのが魅力です。

写真の記録画素数は1200万画素、動画の解像度は最大でフルHD 30fps。4Kには非対応で、動画の連続撮影時間が5分とかなり短く、内蔵ストレージも8GBしかないため、長時間の撮影は考慮するようにしましょう。

操作や編集に使うスマホアプリはiPhoneとAndroidのどちらにも対応。画像補正やフィルター機能も充実しているので、初心者でも気軽に360度パノラマ写真やVR動画を楽しめます。

360度カメラの使い方は簡単。撮影の際は自撮り棒や用途に適した対応マウント、防水ケースなどを搭載して使いますが、撮影自体は通常のカメラと同じようにシャッターボタンを押すだけです。

なお、全天球カメラでは撮影者の姿も画像にすべて取り込まれてしまうので注意が必要。写り込みたくない場合はアプリと連携させ、遠隔でカメラを操作するなどして対策を講じましょう。

撮影した画像や動画はそのままでは確認できないのでスマホやタブレット、パソコンに転送します。対応するアプリを使えばより便利。スマホだけで編集からSNSへの投稿まで簡単に行えるので、初心者でも直感的な操作で360度パノラマ写真やVR動画の制作が楽しめます。

ライターからヒトコト
360度カメラが登場した当時はリコーの「THETA」シリーズ1強でしたが、最近は他社も続々と製品をリリースしており、追随を図っています。競合しているメーカーはそれぞれ得意分野が異なるので、ユーザー自身がどのようなシチュエーションで、どのような撮影を行いたいかを事前に考えておくことが重要です。ぜひ購入を検討している方は今回紹介した製品を参考にしてみてください。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ